[Trail Run]第25回 日本山岳耐久レース その3 月夜見第2駐車場~ゴール

後半戦のボス御前山までも歩く、歩く。抜かせるとこでは抜かすけど、まぁ歩き。人工物の柵が見えてきた、あぁまもなくだと、御前山の前の偽ピークまで、何度も休憩して道を譲る。いゃぁつらい。。

で、まぁ到着ですよ。サクッと通り過ぎて次は大ダワです。大ダワでまだvespa補給するぞと頑張る。大ダワまでも長いんだな。まだ下りきらないのか、次だっけ、いやまだだったを繰り返す。やっと大ダワ。ここも去年より人が少ない気がする。ちょっと座って、念願のvespaとジェル補給。さーあとは大岳山だけ。

大岳山は登りだけど岩だらけで、両手を使わないと登れないので、むしろ楽な感じ。鎖場もあるし。去年は柵に頼りつつ、進んだけど、今年はまぁ普通に登った。で、2本目のコーラ補給。いやーうまい。写真撮ってあげたり、自分で撮ったり。二本目のスポーツ羊羹も補給しつつ、第3CPへ。

一旦下ったら長尾平までは走れる箇所が多いので、頑張って走る。走る。もう夜も明けて来た。明るい。明るいぞ!第3CP前でも何人か追い越す。いやー今年も明るくなってきた。日の出山で日の出は見えずだなーと、思いつつ、水場で水をガブ飲みして、第3CPとうちゃーく。おなじみのハロウィン帽の方々の応援。ありがたい。

長尾平で10分くらい休憩して、最後の日の出山と金比羅尾根へ。

全力疾走したい所だけど、やっぱりフトモモが痛くて、走り続けられず。足の指はそんなに痛くないけど。ここではいっぱい抜かされる。そんなに走れるなら、もっと前に走っとけ!とか思いつつ、歩いたり、走ったり。長い。金比羅尾根長いっす。アスファルトはまだか、まだかと思いつつひたすら進む。今年も8時前にはゴールしたいもんね。残りの5Km,で70Km地点の指標をとらえつつ、アスファルトに到着。終わりだ、ゴールだ。誘導の人に迎えられつつ、曲がって、曲がって、ゴール到着!いやー疲れた。暑い。朝から汗だく。なんとか8時前にゴール!よかった。今年もハセツネ終わりました。
今年は忘れず豚汁いただく。うまい。暖かい。

ゴール後は、歩くのもつらいくらいに、足が痛い。上り下りはもういい。。

今年の男子1位は上田るい選手。素晴らしい。去年1位の川崎選手は3位。やはり上田選手強しかな。タイムはベストタイムではないけど、凡人からすると驚異的な早さなのは間違いない。

ララムリの女性は日本人ランナーにはかなわなかった様ですな。

レース翌日もやはり筋肉痛。でも水曜日にはほぼ解消済み。こういうの繰り返すと体が慣れて、鍛えられて、もっと強くなるんだろね。体重もちょっと減った。もう1回ハセツネ走ると、更に痩せていいんだけどな。。

広告

[Trail Run]第25回 日本山岳耐久レース その2 浅間峠~月夜見第2駐車場

徐々に登りが始まる。数馬峠までは淡々と進む。歩いてる割合がほとんど。数馬峠で三頭山の登りに備えてvespa補給。これが効くんだな。

なんだかんだで三頭山へ登りというか大沢山の登りがコース中1番キツい気がする。三頭山到達したらコーラ飲むぞと思いつつ、残りの水分を気にして頑張る。

そして檜原都民の森の敷地に入って、ベンチで休憩してる人を横目に、三頭山到着。いやー大ボス制覇だ。持ってきたミニコーラ缶の1つをここでグビグビ。いやーうまい。上手すぎる!ここから月夜見までは下りメイン。でも段差がキツくて苦手。鞘口峠まではゆっくりゆっくり下る。長いんだな。。

鞘口峠ではいつもの電飾おねーさん?の応援。さて、また登り。でも月夜見は近い。アスファルトに出ると濃霧で、幻想的。真夜中だもんね。再度トレイルに入って、またアスファルトに出て、月夜見第2駐車場までは猛ダッシュ。5,6人かそれ以上抜かして、とうちゃーく。やっと水分補給だ!水0.5,ポカリ1.5補給。ちょっと余った分もオマケで貰えた。ラッキーだ。

月夜見は去年より10分くらい早い。去年は休憩し過ぎて寒かったけど、今年は暖かかった。人も去年より少ない気がする。腹が減ってぐーぐーいってたので、梅おにぎりとランチパックメンチカツを補給。うまい!そうこうしてるうちに、ばななさん到着。焼肉の準備を初めてらっしゃる。あんなでかい荷物持って、俺と変わらないペースって、どんだけだよと思いつつ、後半戦突入。


次は御前山!

[Trail Run]第25回 日本山岳耐久レース その1 スタート~浅間峠

昨年に続き今年もハセツネに出て来ました。

タイムは去年とほぼ変わらずのギリサブ19という遅さ。まぁでもいいんですハセツネだから。

当日は8:30起床。睡眠時間9時間くらいか。拝島駅で牛丼食うかと迷ったけど、まだ時間早いしで、結局武蔵五日市駅まで向かう。おっくんこと奥宮選手と遭遇。ハセツネ優勝者といえども普通の人。で、スタート地点近くのいなげやで、カツ丼弁当とスニッカーズ購入。店先で食べる。

今年は山岳保険証忘れずに持ってきたぞと受付済ませて、参加賞のコメを貰う。テーピング買ってなかったので、五日市会館の中のさかいやの出店で購入。貼って貰う。なんだか知らないけど重いお土産もついでに貰う。マルチデキストリンだった。。五日市会館の中では上田るい選手、名取選手、大塚選手、山田選手と有名所がいっぱいいる。そりゃいるわな。とりあえず歯磨きして、更衣室へ。自分の他にも歯磨きしてる人がいて親近感を抱いて笑える。

体育館は蒸し暑いので、外で残りのテーピングとか貼ったりゼッケンつけたりで準備完了。気温が高く暑いので、念のため自販機で水購入。買っておいて本当によかった。。水分は合計3ℓ近く。

今年は15時間の所に並んでみる。全部気のせーいの掛け声も無く、ララムリの紹介あって、スタート。

最初は早速渋滞。奥宮選手が応援して下さる。今年は出なかったんですね。今熊神社過ぎて本格的な登り突入。相変わらず渋滞。いいんですけど。。

入山峠はそんなに混んでない。

まずは市道山分岐まで、で醍醐丸。とりあえずハイドレのアクエリアスを凍らせて保冷バッグに入れておいたけど、コレがまた全然溶けてなくて、水分がない!と焦る。。醍醐丸でもう暗くなって来たのでライト装着!

ここからは尾根道とはいえ結構上り下りがある。登りはみんな歩くので、つられて歩くが、これがまず良くなかった。詰まってる人は1人なもんだ。もっと気を使えと思うけど、まぁ仕方ない。

そんな訳で、まずは、第1CPの浅間峠とうちゃーく。既に皆さんやられております。。

トイレと着替えとエネルギー補給品としてワッフルむしゃむしゃ。次のマイルストーンは数馬峠だ。

[Trail Run]伊吹山

お盆休み、母校の校歌にも歌われている伊吹山に成人してからは初、下から登るのも初で行ってきました。暑いことは暑かったけど、熱中症になるほどでもなく。山頂はかなり涼しく快適。ガスで展望よくなかったけど、途中は琵琶湖の雄大な景色が見えて、よかった。また天気が良い時行くしか無いね。トレランの人もちらほら。なんであんなに下りも上りも速いんだろう。。自分もトレラン組だけどあっさり抜かれる。。

タイムは以下の通り。上り2時間切れるかと思ったけど、無理でした。。

07:07伊吹登山口(三之宮神社前)
07:23伊吹山一合目
07:35伊吹山二合目
07:57伊吹山三合目
08:04伊吹山四合目
08:12伊吹山五合目
08:21伊吹山六合目避難小屋
08:31伊吹山七合目
08:49伊吹山八合目
09:04山頂周回道分岐・合流点
09:10日本武尊像(伊吹山)
09:10山頂周回道分岐・合流点 10:04
10:06伊吹山八合目
10:15伊吹山七合目
10:22伊吹山六合目避難小屋
10:29伊吹山五合目
10:33伊吹山四合目
10:36伊吹山三合目
10:49伊吹山二合目
10:57伊吹山一合目
11:08伊吹山上野登山口

高低差は以下の通り。相変わらず全然走ってない。。

登山口横の三之宮神社

立派なトイレもあります。

登山口。協力金300円徴収中。

さて、行きますか。

1合目までは樹木地帯。

はい一合目。民宿とかあるし、車もあるし。

3合目。ここから先はトイレありません。

五合目付近の休憩所。自販機あるし。。

登れ登れ。

6合目付近の石造りの立派な避難小屋。吹きさらっしで強風に煽られるらしい。。

上の方の登山道はこんな感じ。

眼下に琵琶湖を臨む。

はい、なんだかんで頂上とうちゃーく。日本武尊がお迎え。

百名山三座目?制覇!

伊吹山ドライブウェイの駐車場。3000円は高いよなー。箱根だってもっと安いぞ。除雪の費用込みらしいけど。

登ってきた直後はまだ下も見えたけど、この後ガスガスに。。

山頂は広い。

山頂は売店が多くあって、陣場山みたい。でも陣場山より整ってる。。山頂でワッフル食って補給し、1時間くらいウロウロしてから下山。

下山中の琵琶湖。雲の下だけこんな景色。バラグライダーが見える。

下りは1時間くらいでしゅーりょー。まぁガレガレでトレラン向きではないね。

汗だくになったので近所の伊吹薬草湯に600円でドボン。温泉ではなく、ただの薬草を入れた、銭湯だけど、登山後の人がちらほら。小さい浴槽だったけど気持ちよかでしたー。

米原市になるのか関西弁の人多かったっす。

薬草湯前からの伊吹山。頂上付近は雲に覆われております。

バーティカルな伊吹山。あんまりトレラン向きではないかな。8月末にはここ薬草湯をスタート地点としてかっとび伊吹というバーティカルレースもあるみたい。制限時間2時間半やて。自分が出たら制限時間ひっかかるんちゃうか。。久しぶりのトレランで疲れました。翌日は筋肉痛。10月のハセツネに向けて徐々に体を鍛えておかないと。。

[Trail Run]大楠山

トレランではないけど、三浦半島最高峰、大楠山行ってきました。

低山だけど見晴らし良くて、よいです。

京急バスで前田橋を降りて、ちょっと歩いて登山道までのアプローチは川の中を歩きます。

IMG_400

暑いけど、気持ち良い。

IMG_4066

珍しい感じ。

IMG_4067

登山道は広く、歩きやすいです。虫が多いけど。。

IMG_4071

頂上の展望台から。

IMG_4075

展望台からのパノラマ

IMG_4081

頂上標識

IMG_4082

頂上広場。クマバチ?か何かがブンブンしてて落ち着かず。。頂上は売店もあるが、他のハイキング客も2,3人しかおらず、売店のおじさんもヒマそう。それがかえってよかったりもするけど。

IMG_4084

トレラントレーニング向きな低山でした。虫が少なくなったらトレーニングで行くのはいいかもですね。

[Road Run]第16回24時間グリーンチャリティリレマラソンin東京ゆめのしま

先週日曜の話だけど、東京夢の島で会社の同僚とリレーマラソンに参加してきた。

男女混合で4時間の部に参加。結果は上位25%に入るなかなかの記録。マラソンは孤独な競技だけど、リレーマラソンは団体戦。走ってるのは1人だけど、タスキを繋ぐのはとても楽しい。一周約1.3Kmのフラットなコースをグルグルと。気温はそれなりに暑かったけど、日差しは強くなく、まぁ良かった。

1人2,3周で交代していくんだけど、1周はもちろんほぼ全力疾走で、頑張った。普段キロ6分前後でしか走ってないくせに、当日ばかりはキロ4分台前半で頑張った。お陰で体が痛くなった。。特に背中あたりが。インターバルトレーニングの様な感じで、キツイ。合計で9周で10Kmくらいを走った。1マイルのベストタイムも更新し、あまりスピードトレーニングしてこなったけど、人間本気になれば、それなりにいけるもんだな。メンバーに2人速い人がいて、彼らは軽く走ってる様に見えて、速い。いい刺激になった。とても楽しかったので、また来年も必ず出ようと思う。リレーはいいね!

会場の夢の島競技場

スタート

前からやってみたかったランニングシューズの円陣!気合い十分!

24時間の部を走ってた性別不明のバニーちゃん。。

猫ひろしも登場。圧倒的に速い!何回も抜かれる。。さすがカンボジア代表。

[Trail Run ]第25回 日本山岳耐久レース エントリー完了

今年もハセツネに出ることにした。他のトレランレース出たことないけど、まぁ年に一度の大運動会だからね。10:00前からランネットにiPhone, android, PCからログインして待機。10:00の30秒くらいまえからリロード始めて、暫くしたらandroidが繋がってあっさりエントリー完了。PCでも繋がってた。0次関門と呼ばれてるけど、割と簡単にいけたなー。

去年は蒸し暑くて大変だったけど、今年はどうでしょう。16時間くらいで行きたいもんですな。

さ、トレーニング、トレーニング。。。

[Road Run]Nike ZOOM SPEED STREAK6購入

6/11に会社の同僚とリレーマラソンに出るのでシューズを新調。上野に行く用事のついでに、激安と噂のロンドンスポーツとか回って、結局ZYUENで購入。ロンドンスポーツはトレランシューズのモントレイル、Inov8は安いけど、ロード用のシューズはアディダスとリーボック中心であまり種類無し。ZYUENはひと通り揃ってる感じ。会員20%オフセール中で5166円と激安でした。サブ3用のレーシングシューズだけど、まぁいいでしょう。色も良いし。流石に軽い。耐久性が心配だけど、そこは使ってみないとなんともね。これ履いてペースも上がるといいなー

[Trail Run] 青梅丘陵~高水山~棒ノ嶺

暇なGW9連休の中、かねてより興味のあった青梅丘陵、高水山、ついでに棒ノ嶺にトレラン行ってきました。タイムは以下の通り。

08:15 青梅駅
08:21 青梅鉄道公園 08:23
09:41 辛垣山            09:43
09:53 雷電山            10:00
10:12 榎峠
11:10 高水山           11:21 (ランチパック補給)
11:38 岩茸石山
11:42 名坂峠
12:34 黒山              12:35
13:00 棒ノ折山        13:24 (ワッフル補給)
14:07 清東橋バス停
14:16 上日向バス停
14:35 川井駅

RunGraphは以下の通り。総距離25Kmくらい。全然走ってないです。。

IMG_3920

まずは青梅丘陵ハイキングコースへ。猫がお見送り。

IMG_3870

途中富士山が見えた!

IMG_3872

青梅丘陵ハイキングコースはこんな感じで、広くて根っことか岩とか全くなく走りやすい。散歩している人、ハイキングの人、結構いました。

IMG_3873

なんだかんだで緩いアップダウンを経て、辛垣山へ。城があったらしく、岩に囲まれていて、天然の要塞感満載。

IMG_3880

途中ロード経て、本格的な登山道登って、高水山とうちゃーく。

IMG_3886

立派なお堂。よくこんな山奥にこんな立派な建物作るもんだ。水道、ガスはあるのか?

IMG_3888

お堂からちょい登ると本当の山頂。そんなに広くはなく、見晴らしもよくないが、ここで補給。ランチパックメンチカツをむしゃむしゃ。最近の定番。老夫婦か、老ハイカー同士なのか知らないが、仲睦まじくお年寄り同士お昼を食べてる。

IMG_3893

そして隣の岩茸石山。こちらの方が見晴らしよく、休憩している人多し。

IMG_3894

IMG_3897

岩茸石山から黒山はもうマジでアップダウン多くて、帰りたくなった。。飽きたわ。。

IMG_3900

黒山で引き返そうかと思ったけど、棒ノ嶺行かないと男じゃないと思って、最後もうひと踏ん張りで棒ノ嶺とうちゃーく。めっちゃ広い山頂と、いい眺め。来てよかった。山頂には大きな山桜が。数日前に満開だったらしい。惜しい。。途中トレイルランナー 高橋香という方の慰霊碑が。誰だ?と思って後で調べたら、トランスアルプスにも出てたかなり有名なトレランの人だったらしい。40歳とは自分より年下で亡くなられているとは。合掌。

IMG_3908

遠くの冠雪した山々が見える。谷川岳とからしい。うーん。キレイ。素敵すぎる。ワッフルとアミノバイタルで補給。

IMG_3904

新宿方面も見えます。

IMG_3905

本当はここから岩茸石山に引き返して、惣岳山経由で御嶽駅と思ってたけど、もうトレイル走る気力もなく、ここから下って、川井駅を目指す事に。棒ノ嶺からの下りはかなり急で、まったくトレラン向きではない。急な下りが終わったら、わさび畑の横のほっそい道をクネクネと。これまたイマイチ走りづらい。そしてキャンプ場到着。

バス停があるけど、距離稼ぐため、バスには乗らず川井駅まで5Kmくらいの下りのロードラン。

川井駅到着したら、次の電車は30分待ち。これだから青梅線は。。なにもない駅のホームは大量のJKだかなんだかが遠足でBBQに来たのかなんなのか、超五月蝿い。。まぁいいけど。若さって素敵ね。

そして川井駅から河辺駅に移動して、河辺温泉 梅の湯へ。駅のすぐ隣のビルの5Fにある、なんとも都会的な温泉。860円でドボン。平日なので激混みでもなく、ゆっくりくつろげた。

いやぁお疲れ様でした。高水三山は制覇ならずも、棒ノ嶺からの景色が素晴らしかったのでよかったよかった。

ところでハイドレのホースが本体にはまらず、ハイドレからペットボトルへ移しながらの給水でした。なんでだろ。壊れた?部品なくしたかな?

[Trail Run]ユーシン渓谷~塔ノ岳~大倉

ユーシンブルーを見ようと、玄倉からユーシン渓谷へ。玄倉ダムのとこは見えなかったけど、熊木ダムでご対面。綺麗でよかった。ユーシンロッジまでは微妙な登りで走ったり、歩いたり。ロッジから塔ノ岳はほぼ歩き。急登だろうと思っていたが、やはり急だった。。まぁでも多少のスノーハイクも味わえてよかった。

IMG_3771

全行程23Kmくらいでした。タイムは以下の通り。30Kmくらい走らないとちょっと物足りないな。。

08:09 玄倉駐車場
08:32 玄倉林道ゲート
08:58 新青崩隧道
09:05 玄倉ダム
09:37 ユーシンロッジ
09:45 (小休止)
10:36 尊仏ノ土平
11:45 不動の水
11:56 塔ノ岳
12:21 (ランチ休憩)
13:36 観音茶屋
13:44 大倉山の家

IMG_3715

小田急新松田駅からバスで玄倉へ。3連休中日という事でバスは増発され満席と立ってる人も。玄倉までは900円。高い。。

IMG_3718

玄倉バス停。トイレと玄倉商店なるよろず屋がある。降りたのは10人ほどかな。みんな西丹沢まで行くんだろうか。

IMG_3719

静かな佇まいの丹沢湖を横目に軽くジョギングしつつスタート。

IMG_3722

玄倉林道。途中1箇所だけライトが必要なトンネル。ヘッデン装着。確かに真っ暗。でもハイカーが他にいて騒々しかった。すぐ終わる。これはトンネル抜けて振り向いた風景。

IMG_3727

ユーシンブルー第一ポイントの玄倉ダム。残念ながら貯水しておらず、ブルーでもなんでもない。。どうもしばらくは水は貯めないみたいだ。

IMG_3729

走ったり、歩いたりしてユーシンロッジとうちゃーく。写真に写ってる檜洞丸行くハイカー?が工事用のトラックの荷台に乗って途中抜かれたが、ここで合流。あいのりなのか?ロッジは昭和な佇まいだけど、メンテされてるので荒廃してる感じではない。工事?の人が多くて、中も見えた。再開準備?なんでもデジタルデトックスをあげて再開目指してるとか。どうなんだろうね。。

IMG_3742

こちらは更に上流に言った所にある熊木ダムのユーシンブルー。キレイだ。幻想的だ。一人ダムの敷地に入って写真撮ってる人が。立入禁止だろう。。

IMG_3754

塔ノ岳目指してさらに遡上する。道は崩壊が進んでいて、ガレガレ。走れる訳ない。

IMG_3755

箒杉沢。奥に丹沢山を望み雄大な風景。誰もいない。物寂しくていい感じ。ユーシンロッジからここまでですれ違ったの2人だけ。上りの備えて広大な涸れ沢をぼけーっと眺めつつ、ワッフル食って補給。

IMG_3759

とちゅう登山道がわからずただの急斜面を登る。。すぐに合流し塔ノ岳へ。こちらは日当たりが悪いのかそれなりに雪が残ってる。軽アイゼンいるほどでもないが、慎重に登る。すれ違ったのは1人だけ。

IMG_3762

ようやく塔ノ岳山頂。山頂はすごい人。100人くらい居たんじゃなかろうか。残念ながら富士山は見えず。持参したランチパックでランチ。ちょっとだけ肌寒いけど、震える程でもない。野良猫君に会いたかったけど、こんだけ人が多いと流石に見当たらない。

帰りはバカ尾根をひたすら下る。途中融雪でぐちゃぐちゃで沼みたいなところ多数。渋滞も多くて、全然飛ばせない。(もともと遅いけどね。。)下りのタイムは前回よりちょっと遅いくらい。途中走れるとこは脚が前回よりは遥かに元気だったので結構飛ばしたのに。。

大倉まで下りて、バス待ってると途中すれちがったトレイルランナーも到着。鍋割経由だったのかな。渋沢から鶴巻温泉行って、汗を流す。弘法の湯は大混雑。洗い場待ち。帰る頃には入場も待ちなくらい。早く帰ってきて、よかった。

次の丹沢は檜洞丸か縦走かな。お疲れ様でした。