[Trail Run]万松寺谷戸~小山田緑地~よこやまの道

今日は天気も良くて最高のランニング日和でしたね。

遠出したかったけど、まぁ自粛モードで近所の里山プチトレラン。

oyamada

IMAG2828

万松寺近くの七地蔵。

IMAG2830

とても町田とは思えない万松寺谷戸。相変わらず道に迷った。。

IMAG2835

小山田緑地からの富士山。今日も見えました。

今日は小山田緑地からゴルフ場の中を突っ切ってよこやまの道経由で。

http://x5.kakurezato.com/ufo/103844002

広告

[Trail Run] 嵐山~石老山

体育の日の三連休最終日、どこに行こうか悩んで、近場でよさそうな嵐山~石老山にトレラン行ってきました。丸一日家を空けるのもなんだし、明日仕事だしで。どうやって相模湖まで行こうかこれまた悩んだけど、一番手軽なクルマにしました。電車だと大回りで時間かかるし、ロードバイクでちょくちょく行くので今回もロードでもよかったけど、坂登るのめんどくさいしね。。

タイムは以下の通り。相模湖の脇にクルマを停めて、嵐山からスタート。

07:17 嵐山登山口(相模湖側)
07:33 嵐山山頂
08:03 ねん坂
08:12 箕石橋(相模湖休養村キャンプ場入口)
08:36 大明神展望台
08:42 大明神
09:04 石老山山頂
(どらやき補給)
09:16 石老山山頂出発
09:42 顕鏡寺
10:00 石老山バス停


sekirousan


IMAG2779

嵐山山頂までの道のり。頑張ればずっと走れるくらいの斜度。

IMAG2781

嵐山山頂。祠がある。

IMAG2787

嵐山をねん坂方面に下る。これはねん坂手前のちょっと眺めのいいところ。嵐山の下りは快適に走れるけど道幅が狭いのでバランス崩すと滑落する恐れがある。。。途中、沢を渡る木の橋が何個ある。勢い余って板を踏み抜いてしまった。。ごめんなさい。。

IMG_2029

ねん坂を超えて、ロードを少し走って箕石橋のところから相模湖休養村キャンプ場に入る。そこから石老山への登り。流石は丹沢山塊、かなり岩だらけでとても走れません。土の登山道ではなく、水は枯れて、流れてなかったけど、沢登りな気分。登りが終わると大明神展望台という展望のいいとこに出る。今日は天気もよかったし富士山もバッチリ。いやーさいこうす。

IMAG2795

大明神とはいえ、小さい祠を通り過ぎると後は石老山までの稜線。多少上り下りがあり、走れたり歩いたり。

IMAG2796

走れる部分はこんな感じ。

IMG_2032

小さいピークを3つくらい超えると石老山山頂とうちゃーく。ここまですれ違った人、ハイカー1人のみ。山頂は5,6人の人がいた。まだ時間早いしね。

IMG_2030

ここからも富士山が良く見える。隣は蛭ヶ岳かと思ったら大室山というらしい。蛭ヶ岳はここからだともっと左手に見える。富士山をおかずにどらやきで補給して、後は下る。


顕鏡寺あたりは石老山の由来ともなった巨岩、奇岩が目白押しでなかなかな感じ。流石にこちらのルートはハイカー多し。家族連れもチラホラ。登ってくる人に道を譲りつつ軽快に下っていく。

あっという間にロードに戻り、石老山バス停手前で綺麗な公衆トイレを利用させて貰い、駐車場まで走るかどうか悩む前にバス停の時刻表みたら後4分でバスが来るではないか。もう乗らない訳にいかないという事で、乗って終了。最後は自走でもよかったけど、時間ないし、坂走るのめんどくさいし。。ってダメダメやん。。

距離は10km程度でちょっと走り足りないけど、まぁさくっと行けるレベルで丁度いいかな。時間あれば城山に登って高尾山から帰ったり、プレジャーフォレスト内にある温泉「うるり」でゆっくりしてもいいね。まぁ今日のところは、これだけで。お疲れ様でした。

[Media] アンナプルナ南壁 7,400mの男たち

 世界の8,000m級の14座の中で最難関とされるアンナプルナで登頂を目指していた登山家イニャキ・オチョアらが山頂を目の前にし体調を崩し登頂を諦める。そしてその連絡を受けた各国の登山家の仲間たちが次々にアンナプルナを目指して集結し、イニャキの救出を試みる。その模様を事後インタビュー映像でつないだドキュメンタリー作品。

自分は冬山にも行ったことないし、登山家でもないので、登山家のしきたりとか絆とかはよくわからないんだけど、仲間を救うために集結する男たちは純粋に恰好いい。カザフスタンの軍登学校教官デニス・ウルブコの言葉が印象的だ。

各国の登山家が山に集まってくるのではない
 
登山家は、山という「国」の住人なのだ
各国の登山家たちがなまりのある英語で、または母国語で次々と名言を語っていく。その言葉を聞くためにこのドキュメンタリーを見る価値がある。命をかけている者たちだからこそ語れるリアリティのある言葉だ。

[Trail Run] 小野路城址~小山田緑地

昨日の30Km走のRecovery Jogという訳でダラダラと近所の里山へ。近くにこれだけの里山があるのは素晴らしい。ほとんど人もいないし、快適なトレイル。小山田緑地とつなげば5Kmくらい、さらによこやまの道とつなげば8Kmくらいのトレイルにはなる。今日は一番短めのコースで。

onoji

IMAG2765

木の根っこも余りなく落ち葉中心の快適なトレイル

IMAG2767

小野路城址

IMAG2768

小野路城址への登り。つるつるで怖い。。

IMAG2769

小山田緑地

IMAG2770

関東の富士見100景のひとつの見晴らし広場。写真では見えないけど、うっすら富士山が見えてた。その他にも左から、大山、丹沢山、蛭ヶ岳と登った事のある丹沢の山々が見える。今まで名前は知らなかったけど、一度行くと急に親近感が湧く。

IMAG2774

昼御飯の調達先としてEpisodeでゴール。ココはローディ達もよくやってくるそれなりに有名なパン屋さん。久しぶりに行ったら簡易自転車置き場が設置してあった。

http://x5.kakurezato.com/ufo/103844002

[Road Run] 30K走 to 綱島

先週末こそ30Km走をしようと思っていたけど、走っているうちに雨が降り出したのでハーフでやめておいた。そして今週末こそ結構という訳で会社の同僚とBBQの予定だったので会場の綱島まで自宅からランニングで駆け付けた。ハーフくらいまでの距離はそれなりにいいペースだったけど、ハーフ以上はやはりかなり疲れる。気温も上がってきて喉カラカラでヘロヘロでペースガタ落ち。なんとか30Kmは達成したものの、休憩も3回くらいしているし、イマイチだなー

本番までに、あと2回くらいは30Kmしておかないと不安が残るな。

ゴール地点の綱島は綱島温泉がある筈で、一風呂浴びてからBBQ♪と思っていたのに閉館中ではないか!ついに潰れたかと思ったけど、なんでも相鉄と東急東横線直通運転のため工事の影響で無期限休業中とのことだ。是非復活して欲しいものだ。

BBQ